MENU
カテゴリー

エッチな学生が爆乳を見せながら辱めするエロゲー

───【園田財閥】
園田グループと呼ばれる一流企業が築き上げ、国内で五大財閥と 謳われるほどまで成長を遂げた財閥の一つである
その園田財閥の総帥【園田栄一郎(そのだえいいちろう)】が 危篤状態に陥ったという悲報が届いた
───いや、むしろ『吉報』といった方が俺にとっては正しい
現総帥が居なくなれば、その後継者が必要だ
つまり、財閥の実権を握り、地位・名誉・金の全てを手に入れる 機会が到来したという事である
若輩でありながら園田財閥の理事にして、財閥内でも高い影響力を 持つこの俺【藤堂晃(とうどうあきら)】が、総帥の座に着く 時が来たのだ
「───組織内では既に後継者を選抜する動きがあります」 【園田栄一郎】危篤の報を告げに駆けつけた俺の優秀な部下が、 言葉を続けた
「ククッ───まだ存命中だというのに、不義理な連中だな」 予測通りの動きに、思わず笑いが込み上げる
同時に、選抜の候補に名乗りを上げる者、それを担ぎ上げる者、 それらの全てが手に取るように読めるというものだ
「おや、意外な言葉ですね…本心からですか?」 珍しくも呆けた顔をする部下から、後継者候補のリストを まとめた書類を受け取った
「もちろんだ、総帥には世話になったからな───」 数年前まで、俺は園田グループに属する企業の商社マンに 過ぎなかった
無論、ただの商社マンのままで終わるつもりなどなく、 ここを起点として上層部まで駆け上がるつもりだった
園田財閥には『才能を持つ者は取り入れ、財閥の力とする』 という方針があり、どんなに顔が利く人物であれ、力無き者は 財閥という組織から降り落とされてしまうのだ
逆を言えば、その方針こそが園田財閥を支える力であり、 五大財閥と呼ばれるまで伸し上がるに至った理由である
徐々に上り詰めていく計画だったが、俺の才能が園田総帥の目に 止まり高く評価された事で、異例の昇格を遂げていった
「総帥のおかげで、予定よりも早くこの椅子に座れたからな─── だが、そろそろ新しい椅子が欲しいと思っていたところだ」 「ハハハ、やはりいつもの藤堂さんですね」 ニヤリと笑みを浮かべる俺の顔を見て、部下がいつもの楽しげな 表情を見せた
「そういえば、総帥不在の間は娘さんが代理人となるそうですよ」 「ほう」 総帥の娘か───パーティなどで見かけて少し話したな
退屈そうな顔をしながら、園田総帥の後をくっついて歩いてたので 興味本位で話し掛けた記憶がある
確かまだ学生だったと聞いていたが…
まあいい───あの女が代理人ということならば、利用しない手は ないだろう
ますます運が向いてきたな
「さて、後継者選抜に参加する為に、まずはその総帥代理人に 挨拶しにいこうか」 部下を連れ、俺は部屋を後にした───
""""""""""

スカトロ好きにはたまらないエロゲ!

こじんまりとまとまったいつものつるみく

抜きゲーなのにシナリオがしっかりしていて面白い

つるみく作品初プレイ
シナリオに不自然なところが少しあったが、概ね良好だった
Hシーンも脱糞などを除けば良かった
次のつるみく作品もプレイしようと思う
キャラの中では、百合が一番良かった

この作品はこんな人におすすめです

■女子校生のエロゲー自体が大好きな人

■輪姦メインのエロゲーが大好きな人

■学生のシックスナインのシーンが見たい人

つるみくの女子校生による脱糞ものでした!

目次
トップ
目次
閉じる