MENU
カテゴリー

おっぱいが綺麗な母親のティー・エンタ・ぴーのエロゲ

-剣全盛の時代が終わり、銃が新たな武器として君臨した時代- かつては資源開発で栄えた、王国最東端に位置する町サプレス
この地に仕事を求める者、甘い汁にありつこうとする者たちが続々と中央から押し寄せ、今では 町の大多数を占める存在となり、先住民は迫害を受け続けその数を減らしていた
そんな町へふらりとやって来た女賞金稼ぎ・・・ ////////////////// ゲーム内容 プレイヤーは罪人の巣食う町”サプレス”で手配書の悪人を探しだし、戦闘勝利で捕獲します
手配書は10枚
手配犯を捕まえつつ、ミナがこの町へ来た目的、バラバラにされた銃の行方、そして真の敵を解き明かしていきます
獲得した賞金で武器弾薬や防具を購入し強化、他にも不動産物件も購入出来ます
《不動産》 一般住宅や商業店舗が購入可能
一般住宅では家具屋で購入した家具を設置、売却が可能
知り合った女性との同棲生活、そしてエッチな関係へと発展するかもしれません
店舗では副収入が得られ、割引などのオーナー特典が受けられます
給料を支払わないと閉店するので注意が必要です
《その他収入》 所持金を増やす他の方法は、カジノやアルバイト、売春などで稼ぐことが出来ます
カジノやアルバイトをしないと得られない事もあります
*病院での下世話、メイド喫茶店員、ピンサロ嬢、カジノのエッチバイト、売春 《飲酒》 飲酒を行うと、”酔い度”の数値が上昇、”酔い度”は2時間ほどで解消します
飲酒を続け、”酔い度”が 120 に達すると失神してしまいます
失神する場所によっては、犯されてしまう事も… 失神状態から目覚めるには、時間を進めて下さい
飲酒や時間の経過で”トイレ”の数値が上昇します
50 以上で、トイレで排尿が可能となります、また食事の量によっては 大 の方も排出します
《トイレ》 ”トイレ”が 100 の状態で歩き続けると、我慢出来ずに人目の付かない場所で排尿を行います
《立ち絵》 ”立ち絵”を表示中、”立ち絵”にマウスカーソルを当てると 手 のカーソルへと変化し、身体を 触る事が出来ます、触る事で”興奮度”が上昇します
”興奮度”41以上で頭を撫でると、腕を上に上げてくれます
(一部箇所では除外) この状態で、わき、お腹をくすぐり続けると失神してしまいます
目覚めるには、飲み過ぎ同様、時間を進めて下さい
《興奮度》 ”興奮度”は恥ずかしい格好やエッチ(セックス以外)で上昇、 セックスやオナニー、 睡眠をとる 事で”興奮度”は解消されます
*エッチシーンは一部を除きピストンのスピード調節が可能、ゲージがMAXになると射精、またはアクメに達します
断面図オンオフ、スピード調節時のエッチセリフのオンオフ切替が可能
////////////////// 主人公 《ミナ》 右手にハンドガン、左手には鋼鉄製の盾、腰には母親が使っていた剣を携えた女賞金稼ぎ
賞金稼ぎだった母親が殺された事から自身も賞金稼ぎとなる
性格は真面目で悪を憎むハンターである
でも、根はスケベで快感に我を忘れてしまうようなタイプ
———————————————————————– 【バージョン】 1.2d *本作品はRPGツクールMVを使用しています
本作品では画像を多用しています、マシンスペックが低い場合は 処理が重くなったり動かない場合が 有ります
戦闘や立ち絵表示時での動作が重い場合は、動きを簡素化させる”軽量化”スイッチが有ります
スイッチはメニュー、オプション内
メーカー推奨スペック以上のスペックが望まれますので、必ず体験版で動作の確認をして下さい
"""""""

レイプ好きにはたまらないエロゲ!

ティー・エンタ・ぴーさのシリーズ物であるバウンティハンターシリーズの最新作です
なんと今回はキャラクターおもらしをします
尿意ゲージが追加されていて、街を歩いていると溜まっていきます
そして最後にはおもらしをします

戦闘が斬新なシステムだなあと思った作品です
普通のRPGのように戦うなどのコマンドを選択するのではなく、敵にマウスカーソルを合わせてクリックし、装備している銃で撃つと言うものでした
これが結構楽しいです
エロも豊富ですし、おすすめです

シリーズ3作目です
といっても、前作を知らなくても十分楽しめます
敵と戦うシーンはガンアクションでカーソルを合わせてクリックで攻撃というもの レベルアップという概念はありませんので、そこは要注意です
運にも左右される要素がある為、全て快適かというとそうではありませんが、それなりにユーザーの使いやすさには配慮されていると思います

この作品はこんな人におすすめです

■フェラチオメインのアダルトゲームを探している人

■メイドの乳首を生かしたおしっこを堪能したい人

■エッチなマンコをしている母親を見たい人

母親によるアクメものでした!

目次
トップ
目次
閉じる